カテゴリー : 読書感想

君のために弾くショパン1〜3巻レビュー

SC_0114

ショパン関係の本はマメにチェックしてるので「君のために弾くショパン」というタイトルは前々から知ってたんですが、ただの少女マンガだろうとノーチェックでした。この本を手にするきっかけとなったのは今年の10月、ツイッターのRTでまわってきた作者さん本人のツィート。連載している雑誌が休刊になるとかで、続きを描ける出版社を探しているとのことでした。まあこのご時世というか、CDのことばかり言われますが出版も不況ですよね。

 

 

「君ショ」ならぬ「僕ショパ」の作者、桃雪琴梨先生のRTということで、早速チャリかっ飛ばして書店に行って買って読んだんですが、まあ面白い。いわゆる少女マンガで、音大が舞台で、カッコいい男の子が出てきて、主人公の女の子といろいろあって〜って言うと何となくストーリーが想像できちゃいそうですが、ちょっと変わってるのがショパンご本人が出突っ張りということ。ガッツリ出てます。ポーランド語は話すしピアノは弾くしで、準主役的なポジション。しかもイラストで分かる通り、三頭身の超プリティーなお姿。これはね、反則ですよ。

物語は主人公、木下和音と柾弘之の幼い頃の出会いからスタート。恋愛中心で話は進むんですが、意外に音楽的な描写がしっかりしています。正式なピアノ教育を受けたこともなく自由奔放、心のままに弾く和音に対し、王子と言われながらも審査員に酷評されたり伸び悩む弘之と、主役二人の対比がよくできていて、この二人が心を通わせながらお互いに欠けてる部分を補って行くという青春ラブストーリー。ナント言っても「清潔感」があっていいです。爽やかだなあと。

1巻はまさにこの二人の話中心で進むんですが、2巻辺りから周りのいろんな登場人物が絡んできて話が込み入ってきます。ショパンご本人の活躍も増えそうかな。和音にピアノの世話を色々してくれる人でショパコン3位入賞のイケメンピアニストが出てくるんですが3巻帯は横山幸雄氏というね、まんまじゃんって感じです(笑)
これ本当に続きが読めなくなるのはもったいないなあ。作者さんのブログを読むと移籍についてはまだメドが立ってないとのこと。何とか無事連載続きますようお祈りしてます〜

 

作者、長江朋美さんのブログはこちら
長江朋美のまったり日記
「君のために弾くショパン」のブログ

 

  

岩波版『ショパン全書簡』を買うべきたった一つの理由

突然ですがショパンの家族構成を言えますか?

ショパン愛好家のみなさんには馬鹿にするなと怒られそうな質問です。簡単ですね。

父のニコラ、母のユスティナ、そして3つ年上の姉ルドヴィカと二人の妹、イザベラとエミリアです。ショパンは女姉妹に囲まれた環境で育ったわけです。

さてショパンの女姉妹ですが、実は姉のルドヴィカの他に、もう一人その上にお姉さんがいたことをご存知でしょうか?

名前はズザンナ。年はルドヴィカより5歳上、フリデリクより8歳上のお姉さんです。と言っても本当の姉妹ではありません。厳密に言うとユスティナ方の親戚にあたります。ショパン家で一緒に暮らしていました。

このショパンの4人目の姉妹ズザンナについてはビックリするくらいショパンの伝記で無視され続けています。多分、今この文章読んでても何のこっちゃと思ってる人も多いでしょう。解説します。

 

ズザンナについては、実はだいぶ以前からその存在が知られていました。ところが伝記等で取り扱われなかったのには何か理由があるようです。私が知る限りでは、ズザンナについて過去に日本語で書かれた本は、佐野司郎さんが翻訳されたイワシキェヴィチの伝記(『ショパン』音楽之友社)だけのようです。

この本に書かれている事をざっくり説明すると、ポーランドにおけるショパン研究の中でズザンナの扱いは不当だったらしいのですが、イワシキェヴィチは彼女に関する不名誉な主張について否定し、ショパン家にとって大事な存在だったと擁護。そのことについて翻訳者の佐野さんは「この主張が何であるか分からない」と正直に注釈で書かれています。

つまり、ズザンナについてはポーランドのショパン研究家の間では以前から知られていたにも関わらず不明な部分が多く、結果的に黙殺され続けてきたということです。

さて、このショパン家7人目の家族ズザンナ嬢。出生からどのような人生を歩み、ショパン家とどう関わったかについて知ることができないのかというと、ここで表題の件、岩波版『ショパン全書簡』に詳しく書かれているのです。彼女の生涯が紹介されるのは文字通り本邦初。そしてショパンが手紙の中で彼女についてどのように触れているかは実際に読んでみてください。ちょっと驚くと思いますよ。

ショパンのポーランド時代、大事な思春期を一緒に過ごしたズザンナ姉さん。彼女がショパンの人生や恋愛観に何の影響も与えなかったとは考えにくいんですよねえ。だってほら、将来ショパンの恋人になる人ってたしか6つ歳上の・・・

まあ、このように岩波版『ショパン全書簡』には我々のショパン観をひっくり返すような内容が含まれています。是非ぜひ手に取って読んでみて下さい。

 

僕のショパン最終話 本当に長い間お疲れさまでした

2年以上に渡って連載されてきた
僕のショパンがついに最終回をむかえました。
いやあ終わっちゃったなあって感じです。

ショパンの漫画はこれまでも子供向けの伝記漫画ならありましたが
いわゆる一般向け(いや一般でもないけど)の漫画として
しかも単発ではなく連載となると
唯一のショパン漫画だったんじゃないでしょうか。
作者の桃雪琴梨先生には一ショパンファンとして心より感謝です。

何より日本発っていうのが嬉しいですね。
どうしてもクラシックつうと西洋音楽なんで当然ですが
海外からの受け身や輸入になってしまい
日本からクラシックの何かを発信するなんつうのは
何となく気恥ずかしいというか何と言うか。

世界的に見ても日本人のショパン好きは特殊で
こんなに熱心な愛好家も多く、
実は何気に研究も進んでいるにもかかわらず
辺境の国という地理的な問題だけでなく
コンプレックスじゃないけど超えられない
何か壁みたいな物はあるわけで
この漫画が出てきたときに目から鱗というか
なるほどこういう方法もあるのかと、
非常に感動したわけです。

「僕のショパン」は人気声優を起用してドラマCD化も果たし、
音楽CDも発売されるなど多角的な方法で
世間にアプローチしたっていう点では
貢献度高かったなあと改めて思います。

実際、海外でコスプレしてる人も出てきて
凄い影響力だと思うんですよね。

最終回はボリュームもすごいですが
きちんとケリをつけてくれたなって感じでしょうか。
最後までごまかさずに描かれてます。
細かく書き出したらキリがないとは思うのですが・・
リストがショパンを見舞うシーンもね、
誰しもがそうあってほしいと想像(妄想)するとは思いますが
これは良かったと思います。うん、良かった。
エピローグ的な話も入ってて初めてタイトルの意味も分かりました。
(ジェーンの「私のショパン様」には笑えました)

寂しくなるなあなんて思いますが仕方がない。
コミックスの2巻を待ちましょう。
本当に長い連載お疲れさまでした!

→Webコミックゲッキン
→桃雪琴梨先生HP Atelier Kururu

僕のショパン第28話・第29話 シューマンとメンデルスゾーンのお話

今月2度目の更新です。しかも2話更新とちょっと早いお年玉気分!
第28話はシューマンのお話。
ざっくりとシューマンの生涯を辿ってますが
こうして見るとシューマンのネットワークの広さは驚異的ですね。
それもクララあってのシューマン。
二人は揃って一組なんだなあと改めて思いました。
最後にはあの人も登場します。

第29話はメンデルスゾーンのお話。
メンデルスゾーン本人というよりも
お姉さんにスポットを当ててるのはアイデアです。
メンデルスゾーンについては何度も言いますが
知名度と比較して、信じられないほど本が出てないんです。
だから漫画とはいえこうやってメンデルスゾーンについて知る事ができる
それ自体が貴重なんですよ。ほんとありがたいですねえ。。

→Webコミックゲッキン
→桃雪琴梨先生HP Atelier Kururu

僕のショパン第27話 リストのお話

今月はリストとショパンの関係が微妙になり始めたころのお話です。
ちゃんと史実ベースに作られているので
ショパンのお父さんの空気の読めない(いや本当は一番の理解者かも)
手紙まで登場します。これって伝記読んでるだけだと
お父さん何言ってんの?って感じがするんですけど
当時のヨーロッパにおけるリストの名声や
そのリストと友達の息子のことなど
やはりいろいろ情報収集してたんですねえ。
今回は珍しくリストが感情をあらわにするシーンも。
どんどん佳境に入ってきますがどうなるのでしょう。
次回また2話更新とのこと。今月末なので気をつけなきゃ。

→Webコミックゲッキン
→桃雪琴梨先生HP Atelier Kururu

僕のショパン第26話 ユリアン君登場

今月は通常通り1話のみ更新です。
今回はショパンのコンサートのお話で
これもわりと有名なエピソードでなんですが
登場人物それぞれのキャラが立ってるので新鮮に読めました。
リストのあの行動はワザとらしいなんて書かれてる本もありますが
僕はこの漫画のように、自然な行動だったんじゃないかと思ってます。
天然というか、素でいい人だったと思うんですよねえ・・
フォンタナ君はまたまたカッチョよく描かれてます。
しれっとハイネやドラクロワも登場してますが
この人達が今後絡んでくる場面はあるんでしょうか。
つか、もう26話なんですねえ。すごいことだ。

→Webコミックゲッキン
→桃雪琴梨先生HP Atelier Kururu

僕のショパン第24話・第25話 マヨルカの話とレンツのお話

今月も2話同時更新です。まずは第24話、マヨルカ島のエピソードです。
一般的な伝記だけ読んでるとショパンの気持ちの流れが
どうしても唐突に思えてなかったのですが、
対サンドのことだけでなく、ショパンを取り巻く
あらゆる人々のことを含めて考えると
ショパンの気持ちがとても自然に思えました。
ここで幼少期からの回想を入れたのは秀逸というか
なるほどなあと勉強になりました。

続いて第25話ですがこちらはレンツのお話。
まあいろんなエピソードが盛り込まれてますが
うまく整理されてます。
ちゃっかりグートマンがイケメンですねえ(笑)
ふと思ったんですが、もしこのシリーズが終わったら
(というかいつか終わるんでしょうけど)
リストサイドで是非是非
新シリーズやってもらえないですかねえ。
いろんなキャラが交錯して
絶対面白いと思います。

→Webコミックゲッキン
→桃雪琴梨先生HP Atelier Kururu

僕のショパン第22話・第23話 今月も2話更新です!

まずは第22話から。キュスティーヌ侯爵のお話。
マリアと別れた後あたりのエピソードらしいんですが
実は詳しくないんです。
この漫画は史実を元に描かれてますので
こういうことがあったのねと勉強になります。
(キュスティーヌ侯の行動はともかく)
音楽新報をすすめるシューマンに激萌えです。

そして第23話、いよいよサンドが登場です。
サンドとの出会いからを描いてますが
ちょいとショパンがパリに来る前のエピソードにも触れとります。
いやあ〜サンドは魅力的ですねえ。何か嬉しいです。

今回22話、23話と続けて読んで思ったんですが
コマ割りって言うんですか(?)細かくなって
文字が今までより増えてるような気がします。
限られたページ数で削れないことも多いんでしょうか。
作者の苦労が偲ばれます。毎月面白い漫画を読ませて頂いて感謝。
早くコミック第2巻でないかなあ・・

→Webコミックゲッキン
→桃雪琴梨先生HP Atelier Kururu

僕のショパン第21話 第1話のあのシーンが

僕のショパン第21話が更新されとります。
今月は第1話のエピソードとリンクしております。
こういうことだったのね。
第1話を改めて見直すと作風というか絵が
少し変わってますね。
すごく細かいところまで描き込まれているというか何と言うか。
そういうのも見所の一つかなと。
リストのこの行為は割と有名かと思うのですが
これまでの「僕のショパン」を読んできての
この流れだと何となくショパンの気持ちも分からなくもないですねえ。。
ところで先月20話見逃した人いませんか?
コミック第2巻早く出してほしいですのう、

→Webコミックゲッキン
→桃雪琴梨先生HP Atelier Kururu

僕のショパン第20話 この話は辛い

今月2話更新とは知らず危うく読み逃すとこでした。
今回はショパン愛好家なら誰もが知ってるマリアとのエピソード。
これは辛い。何度読んでも哀しいです。
両親との再会から周りのみんなの変化等、
流れに沿ってみるとショパンの気持ちの変化がよく分かります。
この辺りが転機ですよね。
両親に第三協奏曲について聞かれてるときの
何とも言えない表情にも注目です。
この後のエピソードも描かれるんでしょうか。
このまま最後までやってほしいなあ。

→Webコミックゲッキン
→桃雪琴梨先生HP Atelier Kururu

TOP