カテゴリー : 新刊レビュー

ついに登場、ショパン本初の電子書籍専用書『ショパンの交友録』

ショパンと私」というwebサイトの管理人さんがサイトの記事をまとめて電子書籍にされてたようです。今日気付きました。
サイトのメインコンテンツである「人名録」を大幅に増補追記された内容となっており、そのページ数348ページ。(コンテンツとページ数が違っちゃってるみたいです)
まずはご出版おめでとうございます。これがたったの300円で読めるというのだから信じられない。もし紙に印刷して出版されたら、この10倍くらいの値段になるんじゃないでしょうか。良い意味で値段と内容が釣り合ってないですね。一読者としてはありがたい限りです。

さてこの『ショパンの交友録』ですが、ショパン本初の電子書籍専門書となるわけですが、この本が発行された意義はとても大きいです。今日はこのことについて書いてみます。

日本で電子書籍が普及しない理由について世間ではいろいろ言われておりますが、ビジネス面での話と実務面での問題がごっちゃになってて、結局「出版社の努力不足」とかなんとかでまとめちゃってる記事が多く見受けられます。

まず電子書籍とは何かについて。電子書籍専用のフォーマットのものと、既存の本をデータ化したものの区別がついてない人が意外に多いです。

電子書籍専用のフォーマットのものとはAmazonのkindleで読む為のazw形式のものや、iPhone/iPadなどで読めるePub形式のものがあります。(ショパンの交友録はePubです)
既存の本をデータ化とは自炊などと呼ばれ裁断→スキャンして画像化したものをいい、OCRをかけてPDF化したものなどが一般的です。

どちらもデジタル化された本ですが中身は全く違います。

これから電子書籍を発行するなら、本を制作した後、電子書籍専用のフォーマットで出せばいいでしょう。問題は過去に出版された本です。
私の経験で言えば、90年代半ばまでは厚紙にトレース用紙を敷いて鉛筆でレイアウトを書いたりしていました。つまり90年代以前の本はデータが無いということです。
ということは90年代以前の本は全く新しく作り直すか、本そのものを裁断・スキャンしてデータ化するしかありません。
さらにもっと古い著作権の切れた本は国立国会図書館がデータ化して公開していたり、有志がテキストに打ち直して公開している青空文庫などのサービスがあります。

まとめると
これから出る本・・・電子書籍専用のフォーマットで書き出し(azw、ePub他)
90年代以前の本・・・裁断してスキャン(PDF、jpeg)
著作権の切れた本・・・テキストデータ化(txt)

90年代以降から最近までの本はどうすんだって話ですがこれがなかなか厄介です。
売れなくなったものはともかく、この時代の出版物には売れ筋のものも結構含まれてます。
この時代、中途半端にいろんなページレイアウトソフトで作ってたりするんでボタン一つで簡単に書き出しってワケにもいきません。いわゆる今現在出版社が抱えてる悩みの種はこの辺りの事情も大きいんじゃないでしょうか。

本が出来るまでの流れ
出版社の編集部が本を作ってると思われてるかもしれませんが、ある意味それは正しくもあり間違いでもあります。

一例をあげると出版社の編集部が本の企画を考えて、著者が中身を書き、出来上がった原稿を元に製作会社がレイアウトして、印刷所が印刷・製本して本にします。本1冊作るのにいろんな人の手を通っているのです。
電子書籍にするには上の例で言えば印刷・製本をなくして、製作屋さんに作ってもらったデータを電子書籍フォーマットで書き出せば良いワケです。

ただ広告や芸能人等のページが多く含まれている雑誌だとちょっと事情が違います。この手の本は印刷所で最終的にチェックを入れる場合が多く(色校正)最終的なデータは印刷所にあることになり、これを電子書籍化するには製作屋からでなく印刷屋からデータを引き上げてデータ化しなきゃいけなくなります。写真集やカラー図版の多い本もこういうケースに当てはまるでしょう。
雑誌なんて電子書籍で手軽に読みたい、そう思ってる人も多いと思いますが、作る側からすると雑誌の方がむしろ面倒事が多いのです。 いっそのこと電子書籍専用の媒体を創刊しちゃった方が早いかもしれません。

電子書籍が普及しない本当の理由
さて、長くなりましたが結局本を電子化するといっても一筋縄ではいかないというのが、何となく分かって頂けたのではないでしょうか。出版社の努力不足と切って捨てるのは簡単ですが、売れるかどうか分からないコンテンツのものまで含めて何万とある媒体をデジタル化することは恐ろしい労力です。

仮に必ず売れる本があったとして、それのデータがどこにあるか探して、製作屋や印刷所からデータを引き上げて(もちろん有料)、そのデータをまとめて電子書籍化して、いったい幾らで売れば利益になるんでしょう。そしてその本はその時だけでなく売れ続けるようにするにはどうすればよいかという問題も残されています。

日本のiTunesStoeで売ってる本は電子書籍ではなく実はアプリだということはご存知でしょうか。iPhoneやiPadで読めるから電子書籍でしょって思ってる人も多いと思いますが違います。
これは利用者からすれば読める事には変わりないのであまり問題ではありませんが、出版社からすると宣伝やマーケティングといった大きな問題を含んでいます。アプリは毎日登録されていくので、古い本(古いアプリ)はどんどん埋もれていってしまうのです。だから漫画などのコンテンツは各1話ごとに分けて、少しでも長く目につくように登録したりと涙ぐましい努力をしています。これは書店だとありえない現象です。電子書籍(アプリ)をiTunesStoreで売るのも今はまだ大変な時代なのです。

電子の本の未来の姿
結論を言うと、電子書籍を普及させるには戦時中のように紙媒体の発行を規制するという方法もありますが、実際問題無理というか今のところ利用者にとって紙を規制するメリットはありません。

仮に一斉に紙媒体を止めて、強引に電子化したとして、みんなの家にある本が完全に電子と取って代わるのに何年かかるでしょう。10年?20年?たかだか15年前のワープロのデータも読めなくなってる今の現状を考えると、紙媒体をデータ化してしまうのは博打が過ぎる気もします。(50年後にiPadで本を読んでる姿を想像できますか?)

結局、紙を規制せずに電子書籍を増やすには「電子書籍専用の本を増やす」という方法が確実なのですが、ここで最初の話につながります。

この森村さんの『ショパンの交友録』のように、元がしっかりしたwebサイトのコンテンツであり、さらに追記増補された電子書籍が売れる時代になれば、将来的にはこういったコンテンツが増えていって電子書籍が普及するかもしれませんね。この本が発行された意義はとても大きいのです。

 

webサイト:ショパンと私
電子書籍販売wook(ウック):ショパンの交友録

『ショパン全書簡』ぼちぼち読み始めてます


先日届いた『ショパン全書簡』ですが
とにかく情報量の多さに面食らってます。
とりあえずアーサー・ヘドレイ編の『ショパンの手紙』と
比較しながら読んだりしてますが岩波版の方が読みやすい。
言葉の意味も違ってたりして、
例えば白水社版1発目に収められてるお父さんへの手紙で
「立派なコンチェルトでも」が
「最高の演奏会でも」になってたり
(ちなみに岩波版では4件目に収録されとります)
基本的には1つの手紙ごとに解説をしていくスタイルは
白水社版と同じなのですが情報量が段違いです。
写真にも映ってますがまず「底本」を明示して
「原注」「訳注」と続き、場合によっては「訳者解説」も付きます。

収録数も白水社版の3にあたるヤン・ビャウォブウォツキ宛の手紙が
岩波版では23件目。100ページ目ですよ、100ページ。

もうね、多分読み終わらない。
あー無理だ

『ショパン全書簡』到着 過去最強のショパン本


岩波から出たばかりの
『ショパン全書簡 1816〜1831年 ポーランド時代』
Z.ヘルマン、Z.スコヴロン、H.ヴルブレフスカ=ストラウス 編
関口時正、重川真紀、平岩理絵、西田論子 訳
届きました〜。これは予想外にすごかったです。
値段がお高めだったんですが内容を見て納得。
ざっと紹介すると

・書簡
・ショパン関連地図
・ショパンの『アルバム』から翻訳
・小伝
・用語集
付録
・図版一覧
・文献表
・ショパン作品名索引
・人名索引

とこんな感じです。
ショパンの手紙のポーランド時代だけだと思って
期待してなかったんですがとんでもないボリューム。
また翻訳された方々のこだわりは
バルバラ スモレンスカ=ジェリンスカの
『ショパンの生涯』を読んだ事がある人なら分かるはず。
これはすごい本です。ちょっと興奮してます。
まだざっと目を通しただけですけど
これからゆっくり時間をかけて読みたいですね。

祝「僕のショパン」第2巻発売!


さあ待ちに待った「僕のショパン」の第2巻が発売になりました。
今回は厚い!ボリューム満点で読み応えあります。
WEBで連載されていたものに加えて桃雪先生のコラム付き。
これが本当に面白いです。すごい裏とってたんだなあと改めて感心。
最後に参考文献も一部乗ってますがショパン以外の本が多くて驚きました。
この手の本はね、どうしてもイメージというか
先入観だけで敬遠されがちですけど、
是非一度騙されたと思って読んでほしいものです。
池袋のYAMAHAにも置いてますよ。

ニコニコ静画でゲッキンが配信されてるようです。
こちらでも読む事ができるのでお試しの方はこちらからどうぞ。
http://seiga.nicovideo.jp/watch/bk1105

僕のショパン公式フォトブックが届いたよ

見てくださいこの素敵な表紙
どういう層をターゲットにしてるかっつうと
まあ僕みたいなおっさんじゃないことは確かでしょうが
それでもこれは面白い。これまでの集大成的な感じです。

音楽愛好家視点でみると見所はやっぱ
最後のショパンの手紙の可視化でしょうか。
イラストが付くだけでこんなにネタっぽくなっちゃう。
いや、ここに書かれてる通り元々ネタの宝庫なんでしょう。

あとカラーのイラストも見応えありました。
いつもと違ってアニメ風の彩色の絵で
かなり印象変わりました。
ショパン役の鈴村健一さんもインタビューで言ってる通り
こういうジャンルは珍しいので
ほんとにアニメ化なるといいなあって思います。
(もしくはDSでゲームでもいいんだぜ)

CD付きだっつうんでまだ聴いてませんが
ぼちぼち聴いてみます。
ショパンは面白い!

「僕のショパン」コミック1巻発売です!

「僕のショパン」のコミックが
本日発売になったので買ってきました。
2冊なのは読む用と特典応募用です。

特典がこれまた豪華で
作者の桃雪琴梨先生書き下ろしノベルと
リスト役の小野大輔さん朗読CDがセットになった
限定版スペシャルセットを購入できるそうです。
なかなかですのう。

やっぱ紙になると違いますね。
この漫画に出てくるシューマン好きです。
話としては第8話のラストが何度読んでもぐっときます。

これ12話入ってるんですが
てことは2巻は来年ですかね??

ショパン本史上初の
連載中の漫画のコミックス化です。
記念に1冊いかがでしょうか。

草食系? 肉食系? 復刊『ショパンとサンド』

『新版 ショパンとサンド』小沼ますみ著
こちらは最近復刊した本です。
てか売ってなかったんかいってくらい浸透してて
ひろく親しまれてる本だと思います。

帯の後ろに「草食系!? 肉食系!?」なんて書かれております(笑)
まあどちらがどちらかは明白ですね。
左に写ってるのは旧版(初版)です。
新版あとがきによると変更点は多いみたいですね。

個人的には旧版3冊をまとめて
1冊にしても良かったかなと思うんですが
まあご都合もあるでしょうし・・

もし新版を読んで興味を持たれた方は
若き日の肖像』『失意と孤独の最晩年』も読んでください。

何とも不思議な本 マイマイ新子のショパン

先週届いていた本から1冊
『ショパン 奇蹟の一瞬』 高樹のぶ子著
これも今年になって多いCD付きの本なんですが
ちょっとジャンル不詳というか
エッセイって感じでもないし何とも分類し難い本です。

著者の高樹のぶ子さんが実際に
ショパンとサンドの足跡を辿って
名曲が生まれた瞬間を文芸タッチで描いてます。
何度もいうけど不思議な本です。
写真も綺麗ですね。

CDはアシュケナージ、アルゲリッチと
ユニバーサル系のアーティスト。
解説はおなじみ室田尚子さんです。

予想以上の出来の良さ ショパン社のポケットスコア

ショパン社が満を持して発行する
ショパンのポケットスコア・シリーズ
これがなかなかの出来でおどろいた。

まず印刷がしっかりしてる。
勝手にコピーの荒い画面を想像してたから
まず最初に見た印象は「綺麗!」

あと製本もしっかりしてる。
表紙の紙は写真の通り柔らかめで開きやすい。
これはコンサートなんかに持って行っても
見やすいんじゃないかなあ〜。

これパデレフスキ版だって聞いてたけど
ちゃんと嬰ハ短調とハ短調の遺作も含めて
21曲入ってますね。
これで1,200円は安い。

パッとみ悪いとこないなあ。
まあ気になったというか、どうでもいい部分で
8番のインデックスが何で左手から始まんなかったのかなあ
て思ったけど、まあ分かるからどうでもいいです。

ともかくこれは予想以上の出来の良さ。
ちゃんと最後まで刊行してもらえたら嬉しいです。
表紙のCHOPIN magazine PRESENTSに気合いを感じます。

写真がとにかく綺麗 『愛と魂の旋律 ショパンの世界へ』

今年に入って何冊目かちゅうくらい
またまたショパン本です。
『愛と魂の旋律 ショパンの世界へ』

伝説の生涯をたどる厳選18曲CD付きということで
これまたCD付きです。音源はナクソス。

ん〜既視感ありありでお腹いっぱいだなあ
なんて思いつつ注文してみると、あら綺麗。
これはネットだとちょっと分かりにくいですかね。

綺麗な写真集にショパン入門者向けの解説を付けた
って感じの本に仕上がっております。

ただこの堀内みささん、解説は非常に丁寧で好感持てるんですが
初心者向けってことで「まとめた感」ていうんですかね、
ちょっと目新しさには欠けます。

その点では以前に出された『ショパン紀行』の方が
直接現地に行った人の目線で書かれてたので面白かったです。

ま、でもこれすごく綺麗な本なので
ご興味のある方は一度手にとって見てください。
こういう本を見るとポーランドに行きたくなるなあ、、

※ちなみにp.93のミツキェヴィチ像が粗画です。

TOP