ショパンの新刊が届きました。
平林正司著『ショパンとヴァルス』です。

まだ全然読んどりませんが
ざっと見てワルツの総論から入って
ショパンのワルツまでといった流れのようです。

エキエル版以降の本格的な
ショパン作品の研究本といった感じかと思います。
思います、というのは読んでないので分かりません。おっと。

ちょっとお高いですかね。まあそれは仕方ない。
巻末の出典一覧は圧巻。日本語未翻訳本からの引用も多数。
表紙は汚れやすいのでご注意ですか。