さて本格的に忘れちゃう前にメモを。
昨年ショパコンで3位だったトリフォノフ君の
デビューコンサートを聴いてきました。
1月13日、場所は仙川アヴェニュー。

彼は本当に才能のあるピアニストだと思います。
コンクール時から生で聴いてみたいと思ってたので
運良く聴けてよかったです。

演奏は最初の曲こそ緊張してたのか
かたい印象でしたが曲が進むにつれて
集中力が増していき、ピアノも良く鳴ってました。
後半のショパンより前半のロシアものがおもしろかったですね。
ショパンはまあ予想通りって感じでした。

アンコールはオールショパンで
タランテラ、作品25-6、即興曲第1番の3曲
拍手が止まなかったので最後は鍵盤の蓋を閉めてました。

僕が座ってたのは上手側だったので
顔は見えなかったのですが
足下ペダルはよく見えました。
FAZIOLIのペダルは全部で4つでしたが
4番目のペダルといわれる一番左のペダルは使ってませんでした。
他は通常通り。ソステヌートペダルは
自作曲でだけ使ってたようです。

彼のデビューアルバムもすでにレコーディング済で
3月に発売予定だそうです。
これからが楽しみなピアニストの一人
大人の都合で変な風にならなきゃいいなと願いつつ
見守っていきたいと思います。